dpuSetTaskAffinity() - 1.1 Japanese

Vitis AI ユーザー ガイド (UG1414)

Document ID
UG1414
Release Date
2020-03-23
Version
1.1 Japanese

int
      dpuSetTaskAffinity
(
DPUTask *task,
uint32_t coreMask
    );

引数

task
DPU タスクへのポインター。
coreMask
指定する DPU コア マスク。各ビットが 1 つの DPU コアを表します (最下位ビットはコア 0、2 番目に最下位ビットはコア 1…と続く)。一度に複数のマスク ビットを指定できますが、有効な最大コア数を超えることはできません。たとえば、マスク値 0x3 は、タスクを DPU コア 0 および 1 に割り当てることができることを示し、コア 0 または 1 のいずれかが有効であれば、すぐにスケジューリングされます。

説明

実行時に DPU コアにおける DPU タスクのアフィニティを動的に設定します。これにより、ユーザーは特定の要件を満たすために DPU コアの割り当てとスケジューリングに柔軟に対応できるようになります。指定しない場合、実行時に DPU タスクを有効な任意の DPU コアに割り当てることができます。

戻り値

成功した場合は 0、失敗した場合は負の値。

関連資料

dpuGetTaskAffinity ()

インクルード ファイル

n2cube.h

入力可能なインターフェイス

Vitis AI v1.0