run_8UC1 - 1.2 Japanese

Vitis AI ライブラリ ユーザー ガイド (UG1354)

Document ID
UG1354
Release Date
2020-07-21
Version
1.2 Japanese

バッチ モードの segmentation ニューロン ネットワークの実行結果を取得する関数。

注記: タイプは結果のセグメンテーションの CV_8UC1。

プロトタイプ

std::vector< SegmentationResult > run_8UC1(const std::vector< cv::Mat > &images)=0;

パラメーター

次の表に、run_8UC1 関数の引数を示します。

表 1. run_8UC1 の引数
タイプ 名前 説明
const std::vector< cv::Mat > & images 入力イメージ (std:vector<cv::Mat>) の入力データ。入力イメージのサイズは、get_input_batch で取得されたバッチ サイズと同じ。

戻り値

SegmentationResult のベクター。