setMeanScaleBGR - 1.2 Japanese

Vitis AI ライブラリ ユーザー ガイド (UG1354)

Document ID
UG1354
Release Date
2020-07-21
Version
1.2 Japanese

平均/スケール値を設定します。

注記: デフォルトでは平均/スケール処理は実行されず、この関数を実行すると平均/スケール処理が有効になります。有効にした後にオフにはできません。

プロトタイプ

void setMeanScaleBGR(const std::vector< float > &mean, const std::vector< float > &scale)=0;

パラメーター

次の表に、setMeanScaleBGR 関数の引数を示します。

表 1. setMeanScaleBGR の引数
タイプ 名前 説明
const std::vector< float > & mean 平均値。正規化を使用します。
const std::vector< float > & scale スケール値。正規化を使用します。

戻り値