vitis::ai::OpenPoseResult - 1.2 Japanese

Vitis AI ライブラリ ユーザー ガイド (UG1354)

Document ID
UG1354
Release Date
2020-07-21
Version
1.2 Japanese
openpose ネットワークの結果。

宣言

typedef struct
{
  int width,
  int height,
  std::vector< std::vector< PosePoint > > poses
} vitis::ai::OpenPoseResult;
表 1. 構造体 vitis::ai::OpenPoseResult のメンバーの説明
メンバー 説明
width 入力イメージの幅。
height 入力イメージの高さ。
poses

姿勢のベクター。姿勢は PosePoint のベクターで表されます。関節点の順番は次のとおりです。0: head、1: neck、2: L_shoulder、3: L_elbow、4: L_wrist、5: R_shoulder、6: R_elbow、7: R_wrist、8: L_hip、9: L_knee、10: L_ankle、11: R_hip、12: R_knee、13: R_ankle