platform<#in,#out> - 2021.1 Japanese

Versal ACAP AI エンジン プログラム環境 ユーザー ガイド (UG1076)

Document ID
UG1076
Release Date
2021-07-19
Version
2021.1 Japanese

このテンプレート化されたクラスは、グラフの最上位オブジェクトが実行される外部環境を抽象的に表します。グラフ実行中のデータ消費およびデータ生成を示す入力データと出力データのソース/シンクのメカニズムを提供します。

コンストラクター

simulation::platform<#in,#out> (IOAttr* in_0,..., IOAttr* out_0,...);

このプラットフォーム コンストラクターは、ソフトウェア シミュレーション用に提供されます。テンプレートのパラメーター #in#out は、この抽象的なプラットフォーム オブジェクトでサポートされる入力ポートと出力ポートの数を指定する負でない整数になります。コンストラクターは、入力ポートと出力ポートの合計数と同じ I/O 属性仕様の引数を必要とします。最初に出力属性すべて、次に入力属性すべてを指定します。出力プラットフォームの属性はグラフの入力に外部データを与え、入力プラットフォームの属性は外部で消費するためのグラフ出力データを受け取ります。

I/O 属性の仕様は、FileIOGMIO、または PLIO オブジェクトのいずれかとなり、個別に宣言されます。直接 std::string 引数を使用して、FileIO 属性のオブジェクトを表すこともできます。

メンバー変数

std::vector<port<output>> src;

この変数では、出力ポート形式でプラットフォームの出力属性を指定し、プラットフォーム出力とグラフ入力の間の接続を指定できます。i 番目のインデックスは、プラットフォーム コンストラクターの引数で宣言された i 番目の出力ポート (ウィンドウ、ストリーム、または RTP) を選択します。

std::vector<port<input>> sink;

この変数では、入力ポート形式でプラットフォームの入力属性を指定し、グラフ出力とプラットフォーム入力間の接続を指定できます。i 番目のインデックスは、プラットフォーム コンストラクターの引数で宣言された i 番目の入力ポート (ウィンドウ、ストリーム、または RTP) を選択します。