CIPS - 2021.1 Japanese

Versal ACAP デザイン ガイド (UG1273)

Document ID
UG1273
Release Date
2021-09-03
Version
2021.1 Japanese

次の図に示すように、PS、PMC、および CPM モジュールは、CIPS (Control Interface and Processing System) IP コアを使用してグループ化され、構成されます。

注記: Versal ACAP デバイスには複数の電源ドメインがあります。PS では、RPU が低電力ドメイン (LPD) にあり、APU がフル電力ドメイン (FPD) にあります。CPM の実装は、ターゲット デバイスの機能に応じて、PCIe Base Specification Revision 4.0 に準拠する CPM4 と PCIe Base Specification Revision 5.0 に準拠する CPM5 の 2 種類あります。CPM4 は PL ドメインからすべて電源供給され、CPM5 は独自の専用電源 (VCCINT_CPM) と PS LPD から供給されます。電源ドメインの詳細は、 『Versal ACAP テクニカル リファレンス マニュアル』 (AM011) を参照してください。
図 1. システム レベル インターコネクトのアーキテクチャ