CLB - 2021.1 Japanese

Versal ACAP デザイン ガイド (UG1273)

Document ID
UG1273
Release Date
2021-09-03
Version
2021.1 Japanese

Versal ACAP の CLB は、以前のアーキテクチャより機能強化されています。Versal ACAP でサポートされなくなった CLB リソース (CARRY8、MUXF7、MUXF8、MUXF9 など) は、適切な Versal ACAP ブロックが推論されて自動的に移行されます。RTL のインスタンシエーションも自動的に移行されます。ザイリンクスは、最適なエリアおよびタイミング結果を得るために、Versal ACAP でサポートされていない CLB UNISIM をインスタンシエートしないこと、また、RTL を再合成して適切な Versal ACAP ブロックを推論することを推奨しています。これらのアーキテクチャの違いは、 『Versal ACAP コンフィギャラブル ロジック ブロック アーキテクチャ マニュアル』 (AM005: 英語版日本語版) を参照してください。