GT - 2021.1 Japanese

Versal ACAP デザイン ガイド (UG1273)

Document ID
UG1273
Release Date
2021-09-03
Version
2021.1 Japanese

Versal ACAP の GT コンポーネントは、従来のコモン/チャネルから、GT クワッド レベルに変更されています。GT の共有を可能にするには、GT ウィザード フローを変更して Vivado IP インテグレーターを使用します。Vivado IP インテグレーターを使用して、1 つまたは複数の GT クワッドを使用するシステム デザインを構築します。GT クワッドに接続するカスタム IP のデザイン入力には Bridge IP を使用します。この IP は、ブロック オートメーションを使用して 1 つまたは複数の GT クワッド ベースの IP をインスタンシエート、設定、および接続します。詳細は、 『Versal ACAP Transceivers Wizard LogiCORE IP 製品ガイド』 (PG331) および 『Versal ACAP ハードウェア、IP、およびプラットフォーム開発設計手法ガイド』 (UG1387)このセクション を参照してください。デザインを移行する際には、GT クワッドの完全なレイアウトおよびサポートされているコンフィギュレーション オプションを把握しておく必要があります。これらのアーキテクチャの違いは、 『Versal ACAP GTY および GTYP トランシーバー アーキテクチャ マニュアル』 (AM002: 英語版日本語版) を参照してください。