link_design - 2021.1 Japanese

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: インプリメンテーション (UG904)

Document ID
UG904
Release Date
2021-08-30
Version
2021.1 Japanese

link_design コマンドは、サードパーティ合成ツールなどで生成されたネットリスト ソースからインメモリ デザインを作成し、ネットリストと合成制約をターゲット デバイスにリンクします。

ヒント: link_design コマンドは、プロジェクト モードおよび非プロジェクト モードの両方でネットリスト デザインを作成する場合にサポートされます。ネットリストを読み込まずに link_design -part <arg> を使用すると、デバイス探索用の空のデザインが開きます。

link_design の構文

link_design	[-name <arg>] [-part <arg>] [-constrset <arg>] [-top <arg>]
					[-mode <arg>] [-pr_config <arg>] [-reconfig_partitions <args>] 
					[-partitions <args>] [-quiet] [-verbose]

link_design のスクリプト例

# Open named design from netlist sources.
link_design -name netDriven -constrset constrs_1 -part xc7k325tfbg900-1

デザインがメモリにある場合に link_design コマンドを実行すると、新しいデザインを開く前に、Vivado ツールで現在のデザインへの変更を保存するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。

注記: link_design コマンドのパーシャル リコンフィギュレーション オプションの詳細は、 『Vivado Design Suite ユーザー ガイド: Dynamic Function eXchange』 (UG909)このセクションを参照してください。

メモリに合成済みデザインを開いたら、report_timing_summary コマンドを実行してタイミング制約をチェックし、デザインの目標が適切であるかどうかを確認してください。report_timing_summary コマンドの詳細は、 『Vivado Design Suite Tcl コマンド リファレンス ガイド』 (UG835)このセクションを参照してください。