open_run - 2021.1 Japanese

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: インプリメンテーション (UG904)

Document ID
UG904
Release Date
2021-08-30
Version
2021.1 Japanese

合成済みまたはインプリメント済み run を開き、Vivado ツールのメモリに読み込みます。

重要: open_run コマンドは、プロジェクト モードでのみ使用できます。デザイン run は非プロジェクト モードではサポートされません。

open_run コマンドをインプリメンテーション前の RTL デザインに使用し、完了した合成 run を開いて、Vivado 合成済みネットリストをメモリに読み込みます。

ヒント: インメモリ デザインは自動的にアップデートされるので、open_run の後 synth_design を使用する必要はありません。open_run コマンドは、以前のデザイン セッションで完了した合成 run を開く場合にのみ使用します。

open_run コマンドは、RTL デザイン用です。ネットリスト ベースのデザインを開くには、link_design コマンドを使用します。

open_run の構文

open_run [-name <arg>] [-quiet] [-verbose] <run>

open_run のスクリプト例

# Open named design from completed synthesis run 
open_run -name synth_1 synth_1

この open_run サンプル スクリプトは、synth_1 というデザインを、同じく synth_1 という名前の完了した合成 run から Vivado ツールのメモリに読み込みます。

デザインがメモリにある場合に open_run コマンドを実行すると、新しいデザインを開く前に、Vivado ツールで現在のデザインへの変更を保存するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。