opt_design - 2021.1 Japanese

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: インプリメンテーション (UG904)

Document ID
UG904
Release Date
2021-08-30
Version
2021.1 Japanese

opt_design コマンドは、ロジック最適化を実行します。

opt_design の構文

opt_design	[-retarget] [-propconst] [-sweep] [-bram_power_opt] [-remap] 
		[-aggressive_remap] [-resynth_remap] [-resynth_area] [-resynth_seq_area]
		[-directive <arg>] [-muxf_remap] [-hier_fanout_limit <arg>]
		[-bufg_opt] [-mbufg_opt] [-shift_register_opt] [-dsp_register_opt] 
		[-srl_remap_modes <arg>] [-control_set_merge]
		[-merge_equivalent_drivers] [-carry_remap] [-debug_log] 
		[-property_opt_only] [-quiet] [-verbose]

opt_design のスクリプト例

# Run logic optimization with the remap optimization enabled, save results in a checkpoint, report timing estimates
opt_design -directive AddRemap 
write_checkpoint -force $outputDir/post_opt
report_timing_summary -file $outputDir/post_opt_timing_summary.rpt

この opt_design サンプル スクリプトでは、インメモリ デザインにロジック最適化を実行し、メモリに書き込みます。最適化後にデザイン チェックポイントを保存し、タイミング サマリ レポートを生成して指定のファイルに記述します。

最適化タイプの制限

最適化タイプを制限するには、コマンド ライン オプションを使用します。次に、デフォルトのブロック RAM 最適化を実行しないようにする別の方法を示します。

opt_design -retarget -propconst -sweep -bufg_opt -shift_register_opt