BUFGMUX_CTRL

Versal ACAP クロッキング リソース アーキテクチャ マニュアル (AM003)

Document ID
AM003
Release Date
2022-05-24
Revision
1.4 日本語

BUFGMUX_CTRL はクロック入力 2 つと、クロック出力、セレクト ラインを 1 つずつ持つクロック バッファーです。このプリミティブは BUFGCTRL に対して、一部のピンをロジック High または Low に固定したものです。次の図に、BUFGMUX_CTRL と BUFGCTRL の関係を示します。

図 1. BUFGCTRL を使用した BUFGMUX_CTRL

BUFGMUX_CTRL では、S ピンがセレクト ピンとして使用されます。S はグリッチを発生させずに常に切り替え可能です。S のセットアップ/ホールド タイムによって、新しいクロックへの切り替え前に、その前のクロックの余分なパルスが出力されるかが決まります。次の図のように、セットアップ タイム TBCCCK_S より前、I0 が High から Low になる前に S が変化した場合、I0 の余分なパルスは出力されません。S がホールド タイムの後に変化した場合は、余分なパルスが出力されます。S がセットアップ/ホールド タイムに違反すると、余分なパルスが出力されることもありますが、グリッチは発生しません。いずれの場合でも、出力は遅い方のクロックの 3 クロック サイクル以内に新しいクロックに変わります。

S0 と S1 のセットアップ/ホールド タイムの要件は、CE0 と CE1 のように立ち上がりエッジではなく、立ち下がりエッジが基準となっています。BUFGMUX_CTRL の入力切り替え条件は BUFGCTRL の S ピンと同様です。次の図に、BUFGMUX_CTRL のタイミング図を示します。

図 2. BUFGMUX_CTRL のタイミング図

BUFGMUX_CTRL プリミティブには、ほかに次のような機能があります。

  • I0 および I1 入力はコンフィギュレーション後にあらかじめ選択しておくことができます。
  • コンフィギュレーション後の最初の出力は、High または Low のどちらにでも設定できます。