XPLL

Versal ACAP クロッキング リソース アーキテクチャ マニュアル (AM003)

Document ID
AM003
Release Date
2022-05-24
Revision
1.4 日本語

XPLL は、クロック ネットワークのスキュー調整、周波数合成、ジッター フィルターの機能をサポートするように設計されたミックスド シグナル ブロックです。XPLL は主にメモリ インターフェイスへのクロッキングをサポートするために使用しますが、汎用アプリケーションでプログラマブル ロジックへのクロック供給にも使用します。各 XPIO バンクには 2 つの PLL があり、XPHY ロジックと XPIO にクロックを供給します。また、PLL は幅広い周波数に対応する汎用の周波数シンクロナイザー回路としても使用できるほか、ジッター フィルターとしての機能や、位相シフト機能およびデューティ サイクルのプログラム機能もあります。基本的な機能と動作は、MMCM のセクションで説明したものとほぼ同じです。MMCM と XPLL の違いは、出力の数 (4)、逓倍値、および出力分周値 (値の範囲が狭い) にあります。ただし、XPLL には XPHY の高性能なダイレクト クロッキングをサポートする特別なハードウェア機能と接続があります。XPLL には分数クロックの生成機能はありません。

図 1. XPLL のブロック図