XPm_ActivateSubsystem API - 2022.1 Japanese

Versal ACAP システム ソフトウェア開発者向けガイド (UG1304)

Document ID
UG1304
Release Date
2022-04-21
Version
2022.1 Japanese

XSDB マスターは、XPm_ActivateSubsystem API を使用してサブシステムの有効化を PMC に要求します。詳細は、サブシステムの有効化 を参照してください。

この API は、あるサブシステムの動作に必要なすべての事前割り当て済みデバイスを要求することにより、サブシステムを有効化します。この API は、有効化する必要のあるターゲット サブシステムの ID を入力引数にとります。サブシステム有効化のフォーマットは、次のとおりです。

XPm_ActivateSubsystem(u32 Subsystem ID)

このコマンドは、XSDB マスターからのみ実行できます。現在はデフォルトのサブシステムしかサポートされていないため、特定のマスターにアプリケーション バイナリをダウンロードする前に、デフォルトのサブシステムが自動的に有効化されます。