EXTRACT_RESET - 2022.1 日本語

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: 合成 (UG901)

Document ID
UG901
Release Date
2022-06-06
Version
2022.1 日本語

EXTRACT_RESET 属性は、レジスタにリセットを推論するかどうかを制御します。Vivado ツールでは通常、多くのデザインで有益な結果が得られるように、経験則に基づいてリセットを抽出するかしないかが決定されます。Vivado ツールで希望するように処理されない場合、この属性を設定して制御できます。フリップフロップに希望しない同期リセットが供給されている場合、それをこの属性により D 入力ロジックに強制できます。その逆に、RTL で指定したリセットがツールで推論されない場合、この属性によりそのリセットをフリップフロップの専用リセットに移動できます。この属性は、同期リセットにのみ使用できます。非同期ロジックはこの属性ではサポートされません。

EXTRACT_RESET 属性はレジスタに設定し、RTL および XDC でサポートされます。有効な値は "yes" および "no" です。値が no の場合、リセットがレジスタの R ピンに送信されず、ロジックを介してレジスタの D ピンに配線されるようになります。値が yes の場合、リセットが直接レジスタの R ピンに送信されます。