GATED_CLOCK - 2022.1 日本語

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: 合成 (UG901)

Document ID
UG901
Release Date
2022-06-06
Version
2022.1 日本語

Vivado 合成では、ゲーテッド クロックの変換が可能です。この変換を実行するには、次を使用します。

Vivado GUI のオプションで変換が実行されるよう指定します。

RTL 属性でゲーテッド ロジックのどの信号がクロックかを指定します。

この属性は、クロック信号またはクロック ポートに設定できます。GUI のオプションを指定するには、次の手順に従います。

1. [Tools] → [Settings] → [Synthesis] をクリックします。

2. [-gated_clock_conversion] オプションを次のいずれかの値に設定します。

° [off] : ゲーテッド クロックの変換をディスエーブルにします。

° [on] : gated_clock 属性が RTL コードで設定されている場合に、ゲーテッド クロックの変換を実行します。この設定では、結果をより制御できます。

° [auto] : 次のいずれかの条件が満たされる場合に、ゲーテッド クロックの変換を実行します。

- gated_clock 属性が TRUE に設定されている。

- Vivado 合成でゲートが検出され、有効なクロック制約セットがある。この設定では、ツールで自動的に判断されます。

注意: KEEP_HIERARCHY、DONT_TOUCH、MARK_DEBUG などの属性を使用する場合は注意が必要です。ゲーテッド クロック変換をサポートするために変更する必要のある階層またはインスタンスにこれらの属性が設定されていると、ゲーテッド クロック変換が実行されません。