RETIMING_FORWARD - 2022.1 日本語

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: 合成 (UG901)

Document ID
UG901
Release Date
2022-06-06
Version
2022.1 日本語

RETIMING_FORWARD 属性は、レジスタをロジックを通過させて前方に移動し、駆動される順次エレメントに近づけます。グローバル リタイミング設定とは異なり、この属性はタイミング ドリブンではなく、グローバル リタイミング設定がアクティブであるかどうか、タイミング制約があるかどうかにかかわらず機能します。グローバル リタイミング設定がアクティブの場合、 RETIMING_FORWARD が最初に実行され、その後グローバル リタイミングでレジスタがチェーンのさらに前方に移動されることはありますが、レジスタが元の場所に戻されてこの属性の効果がキャンセルされることはありません。

注記: DONT_TOUCH/MARK_DEBUG 属性が設定されたセル、タイミング例外 ( false_path multicycle_path ) が設定されたセル、およびユーザーがインスタンシエートしたセルでは、この属性による処理は実行されません。

RETIMING_FORWARD 属性に有効な値は、0 (オフ) または 1 (オン) です。RTL または XDC で設定できます。