RW_ADDR_COLLISION - 2022.1 日本語

Vivado Design Suite ユーザー ガイド: 合成 (UG901)

Document ID
UG901
Release Date
2022-06-06
Version
2022.1 日本語

RW_ADDR_COLLISION 属性は特定のタイプの RAM に使用します。RAM がシンプル デュアル ポートで読み出しアドレスにレジスタが付いている場合、タイミングが最適になるように Vivado 合成でブロック RAM が推論され、書き込みモードは WRITE_FIRST に設定されます。また、デザインで読み出されているアドレスに同時に書き込みが実行された場合に RAM の出力が不確定になるからです。 RW_ADDR_COLLISION はこの処理を制御します。

RW_ADDR_COLLISION の値は次のとおりです。

"auto" : 前述のデフォルトの処理が実行されます。

"yes" : バイパス ロジックが挿入されて、アドレスが書き込みと同時に読み出される場合に、入力値が出力に現れ、配列全体が WRITE_FIRST になるようにします。

"no" : タイミングおよび競合が問題とならない場合に使用します。書き込みモードが NO_CHANGE に設定され、消費電力が削減されます。

RW_ADDR_COLLISION は RTL でのみサポートされます。